Copy
GJ! Mail News vol.059
Good Job!プロジェクトが日頃お世話になっているみなさまへ、GOOD JOB STOREの「今」を、ここだけの情報も盛りだくさんでお届けします。

1 「鬼は内、福は内」
 たんぽぽの家の”厄除鬼” 8色が揃いました。

日頃よりGOOD JOB STORE をご利用いただきありがとうございます。

 GOOD JOB STOREでは、2月3日(木)の”節分”に向け、「厄除鬼」の発送準備が進んでいます。
 奈良には昔、鬼神が悪者を退治したという厄除伝説があり、節分には「鬼は内、福は内」とあえて鬼を招き入れ、厄払いをする習慣が一部の地域にあります。鬼のお札や屋根の鬼瓦、「なまはげ」などは、人が避けなければならない恐ろしいもの(悪鬼)ではなく、悪鬼が畏れる存在(善鬼)であると言い伝えられています。

 たんぽぽの家・アートセンターHANAでは、厄除けのお守りとして年間約2000個の厄除鬼を手作りしています。厄除鬼を飾ることで、病魔、災厄などの悪運は家外に追い出し、逆に無病息災、子孫繁栄、商売繁盛などの良運が家内に招き入れます。

 色は8種類。赤の厄除鬼は「貪欲、欲望、渇望」。青は「悪意、憎しみ、怒り」。黒は「愚痴、疑いの心」。黄は「我を通す」。緑は「不摂生、倦怠、不健康」を表しています。

 自分が追い払いたいと思う煩悩で選ぶことも出来ますし、玄関やリビングなどのインテリアに合わせて選んでも、災厄を追い払ってくれそうです。また、厄年にあわせて、お気に入りの鬼を1つ身近に飾ってみるのも良いかもしれませんね。

厄除鬼の特集ページはこちらから

NEW TRADITIONAL展in鳥取
   和紙という銀河から、届く光

 1月21日(金)から鳥取で「和紙という銀河から、届く光 - NEW TRADITIONAL展 - 」が開催されています。
 今回は因幡国を舞台に、地元の障害のあるたち人と因州和紙の可能性をひろげる実験に取り組みました。その様子を展覧会とトーク、ワークショップで紹介します。会場は鳥取市のセレクトショップAm’aと障害のある人たちが活動する地域のアートスペース「からふる」です。1月30日 (日)まで開催していますので、お誘いあってお越しください。

 展示に合わせて、緞通(だんつう)、燭台(しょくだい)、はりこなどNEW TRADITIONALとして試行錯誤しながら生みだされている商品も数多く並んでいます。ギャラリー前ではカラフルさんの福袋やAble Art Company のハンカチ、靴下も販売中です。

 お蚕さんプロジェクトの展示も同時開催しています。
写真、お蚕さん日誌、マンガ「どきどきお蚕さん」。さらには、お蚕さんの糞、脱皮の抜け殻、繭などの標本や、自分たちで挽いた糸、育てるときに作った道具。さまざまな展示を通して、お蚕さんプロジェクトを紹介しています。ドキュメントブックの販売もしていますので、ぜひ手にとってご覧ください。

【関連企画:ニュートラ談義】
展示に関連するトークイベントとワークショップを開催します。

今回は新型コロナウィルス感染拡大予防の観点から、オンラインのみで実施することになりました。
すでに会場でのご参加申し込みをされた方には、事務局よりオンライン配信のご案内をいたします。
(オンライン視聴もお申し込みが必要です)



ニュートラ談義①「和紙という銀河をおよぐ」<終了しました>
1月22日(土)15:00〜16:30 
因州和紙の伝統を守る中原商店、障害のある人の表現やものづくりを推進するアートスペースからふる。
ものづくりの背景やこれからの地域でのものづくりについて語ります。

出演者:川﨑富美(本展ディレクター)、伊奈真弓(アートスペースからふる)、中原寛治(中原商店)
進行:岡部太郎(一般財団法人たんぽぽの家)

ニュートラ談義②「NEW TRADITIONALからみえてきたもの」
1月30日(日)15:00〜16:30 
ニュートラの取り組みをするなかではじまった各地での伝統工芸と障害のある人の交流。
そこから生まれたプロダクトを紹介し、福祉分野の人たちが地域のものづくりに参加する意義を語ります。

出演者:藤井克英、松本綾(Good Job!センター香芝)、川﨑富美(本展ディレクター)進行:森下静香(Good Job!センター香芝)


【ワークショップ:仏像絵付体験】
1月29日(土)10:00〜12:00 定員5名
アートスペースからふるの山村和弘さんの作品を元にして、和紙製のはりこにペイントをします。
会場:アートスペースからふる2階 


▼お申込み方法

NEW TRADITINALのwebサイトの下記のページよりアクセスください。
https://note.com/newtraditional/n/nff42c9ccdbd8
会場1:Am’sギャラリー(鳥取市行徳1-155 Am’s店内 https://ams-tottori.jp/
日時:2022年1月21日(金)〜30日(日)10:00〜19:00 会期中無休

会場2:ギャラリーからふる(鳥取市元町101アートスペースからふる2階 https://art-colorful.com/
日時:2022年1月21日(金)〜29日(土)10:00〜17:00 日曜休
NEW TRADITIONAL展 in 鳥取 の様子はこちらから NEW TRADITIONAL展 in 鳥取 の様子はこちらから
NEW TRADITIONAL展 GoodJob!センター香芝の展示の様子はこちらから NEW TRADITIONAL展 GoodJob!センター香芝の展示の様子はこちらから

続々入荷しています
   米袋で作る tam tam dotのモノづくり

 宮城県仙台市青葉区にある「多夢多夢舎中山工房」は、就労支援B型の事業所です。
 絵や音楽、パフォーマンス。 メンバーの持つ魅力は、さまざまな形になって世の中に明るく飛び出します。『大切に育んできたメンバーの「個性」や「表現力」を、何か商品に活かしたい』。
そういう思いから誕生したのが自由に「まる」(dot)を描くデザインブランド『tam tam dot』。

 商品は米袋を再利用たものを材料として使い、紙では得られない耐久性と素朴な温かさを持っています。メンバーたちの『個性』が光る、独特で魅力あふれる柄が描かれた封筒やポーチ、バッグなどのクラフトグッズたちが特徴です。

tam tam dotの特集ページはこちらから
Good Job!プロジェクトのメールニュースを最後までご覧いただきありがとうございます。 
次回をお楽しみに!
 
GJ! Mail News バックナンバー
配信元:Good Job! センター香芝
http://goodjobcenter.com/

〒639-0231 奈良県香芝市下田西2丁目8-1
tel.0745-44-8229、fax.0745-44-8230
Facebook
Twitter
Link
Website
Copyright © 2022 Good Job! Center KASHIBA, All rights reserved.

このメールは、これまでに情報提供のご希望をいただいた方や、
Good Job! projectおよびGood Job!センター香芝のスタッフと名刺交換をしてくださった方、
GOOD JOB STOREのオンラインで会員登録をしていただいた方に
一斉送信させていただいております。

こちらのメールマガジンの受信方法を変更される場合は、
リンク先のフォームより 設定を変更したり / 登録を解除 することができます。






This email was sent to <<Email Address>>
why did I get this?    unsubscribe from this list    update subscription preferences
welfare · gjmailnews@popo.or.jp · goodjob@popo.or.jp · Kashiba, 1,8,2 639-0231 · Japan